フラット35sの審査のポイントは?

フラット35sの審査は2種類あり、手続書類なども若干違います。
あまり融通を効かせる処理をしてくれることはないと思いますので、書類の間違いには注意が必要です。
もっとも、新築の場合はハウスメーカーなどがお膳立てしてくれるで心配はいらないでしょうが、中古住宅の場合は自分で申請をする必要がある場合があるので注意が必要です。
自分が買った住宅がどの規格に該当しているかは、重要事項説明書を見ればわかるでしょうが、証明書などは前所有者が持っているはずですから、合わせて引き渡しをしてもらう必要があります。
必要な書類がある場合は後日提出を求める旨の契約内容を追記するのも一つの方法です。
もし、書類がなければフラット35sの審査を受けることができない可能性があります。
http://www.flat35s-sinsa.com/