カラコンの正しい入れ方とは?

カラコンはカラーのついたコンタクトなので、基本的にはコンタクトと入れ方は同じかと思いますが、まずはカラコンの入れ方の正しい使い方というものがあります。
手を清潔にすることが大切なので、まず手は必ず洗いましょう。
そしてレンズを手の指にのせて、レンズが裏返しになっていないか確認することが大切です。
裏返しのまま目に入れてしまうと、とても痛く激痛が走ることもありますので注意しましょう。
そのままつけているのも良くないです。
まばたきをしないように、目を広く開いてまっすぐ見た状態でレンズを付けるのが正しい付け方です。
優しくつけるだけで付きますので、押しつけたりする方法はよくないので気を付けましょう。
カラコンは正しく利用してこそですので、必ず方法を聞いてから使いたいものです。