若い時のニキビと大人ニキビの違いはなんでしょう?

思春期のニキビに大変な思いをした方も多いと思います。
大人になってからも、度々できてしまうニキビにはほんとに困ります。
大人になってからのニキビは、ニキビじゃなくて吹き出物なんて言われたこともありますよね。
実際若い時のニキビと大人ニキビって何か違うのでしょうか?思春期になってからできるニキビは、第二次性徴によるものが多くホルモンのバランスが変化することによってできるのが大きな原因です。
男の子なら男性ホルモンのアンドロゲン、女の子なら女性ホルモンの黄体ホルモンとそれぞれのホルモンが、ニキビの原因にもなる皮脂の量を増やしてしまい、毛穴を塞いだりアクネ菌という菌を増殖させてしまうのです。
アクネ菌は、赤くて触ると痛いニキビの原因になると言われています。
またこの頃は、学校帰りに買い食いしたり夜遅くまで友達と話したりと生活習慣も乱れやすくなりがちですよね、恋の悩みや勉強の悩みといったストレスもニキビの原因になっています。
大人になってからできるニキビは、生活習慣の乱れや新陳代謝の低下、ストレスなど様々な原因によってできるのが特徴的です。
お酒を飲む機会も増え、夜遅くまで飲んだり食べたりしてたら、睡眠不足や食生活も乱れてしまいニキビができやすくなってしまいます。
大人になってからのニキビは生活習慣やお手入れをすることでなるべく防ぐ事ができます。
若い時にできているニキビは性徴期によるホルモンの関係でどうしてもできてしまう事が多いようです。