教育ローンの金利

金利面で比較すると、国の教育ローンの方が民間よりも低く設定されています。
教育一般貸付、郵貯貸付、年金教育貸付などが国の教育ローンの代表的なものです。
銀行、信用金庫、信用組合、JA、労働金庫などの金融機関も、民間の教育ローン機関として教育を目的とした融資を現在行っています。
金利も貸付限度額も、担保が必要かどうかでがらっと変わるといいます。
財形教育融資ローンは、財形貯蓄があるという人を対象として融資が行われている公的な教育ローンです。
財形住宅融資と同様に、どんな財形でも教育ローンの対象となります。
一般財形、住宅財形、年金財形のどの財形でも対象となれるものです。
収入面での審査も教育ローンにはありますが、何社かの教育ローンを同時に使うこともできます。
教育ローンの併用を考慮に入れているという人は、条件をチェックするといいでしょう。
家計を圧迫しすぎないように気をつけながら教育ローンを決めましょう。