証券会社の投資勧誘方法は適正化されている?

証券会社が顧客に投資を勧誘する際のコンプライアンスが強化されています。
各社は投資勧誘方針を定めて、ホームページや店頭に掲示していますし、内部監査によって社員の勧誘方法が不適切ではないことを確認しています。
顧客の意向に沿わない投資勧誘は行いませんし、無断売買などの金融商品取引法で禁止されている行為が発生しないように留意しています。
投資の発注など約定関係の全ての電話を録音して保存するなどのエビデンスの確保も推進しています。
高齢者の場合には、理解度が低い場合が少なくないので、家族の同席を原則としていますし、リスクの高い金融商品は高齢者には販売しない方針としています。
目論見書などの勧誘に必要な書類を用いて丁寧な説明を行い、投資に伴うリスクについて十分な理解を得るようにしています。
このように、証券会社は投資勧誘について、慎重で顧客本位の方針になっていますので、投資家は安心して投資をできる環境が整っています。
フィデリティ証券投資信託